ローンの上限は内容で変化

ローンは住宅や車等でよく使われる支払い方法です。支払いの上限は内容によって違います。

例えば住宅の場合は年間の返済額が年収の30から40%とされており他の借入金も含めて計算します。自動車の場合は審査の結果で価格が変化する仕組みです。またカードローンの場合は銀行の場合所によって価格が変化しますが10万から1000万ぐらいの間がほとんどです。

消費者金融の場合は最大でも年収の三分の一までしか借りる事が出来ない様規制されているので年収の金額によって価格が変化します。注意する点は限度額が自分にとって払える金額とは限らない事なので借金苦にならない為にも自力で支払える額を把握しておく必要があります。

毎月のローン返済が苦しい!その解決方法は?

「ローンの返済が苦しい」という悩みを抱えている人は、まず毎月の支出について見直すことが大切です。生活をする上でどうしても必要な費用はなかなか削減できないかもしれませんが、趣味や娯楽に使う費用というのは削減できる可能性が十分にあります。

目安としては「この支出は本当に必要なものなのか」と自分に問いかけるようにすると、余計な出費をしてしまうリスクを減らすことができます。

ローンの返済はちゃんと行っていかなければ大変なことになる可能性が極めて高いため、上手く支出を抑えながら計画的に支払っていくようにしましょう。

無謀なローン、それって家族のためになる?

家の購入という大きなイベントでほとんどの人が避けて通れないのが住宅ローンの契約です。

豪華な設備を誇る分譲賃貸マンションに、理想の間取りのモデルハウスは「自分もこんな家に住みたい!」という気持ちを掻き立てます。実際に見学時に紹介されるのは、平均価格帯よりも少し上のランクの設備や部屋の場合がほとんどですが、見学者の購入心を引き出すための戦略です。

舞い上がっている購入希望者に対して水を差すような販売員はいません。無謀なローンを組まないためには、購入をゴールだと思わないことです。月々の支払いに追われ、何を失うかを良く考えてみましょう。

ローンについての関連記事

ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。