ローンを未払いにするとどうなるか

ローンを未払いにしてしまったら、すぐに家を取り上げられてしまうのでしょうか。

実際に債権者からアクションがあるのはローンの支払いが2回連続で未払いになってしまった頃でしょう。

まず「代位弁済手続き開始の予告」といって、一括返済を迫る文書が通知されてきます。その後滞納を続けたまま3か月目になると、「代位弁済手続き開始」という通知が来て、あなたの代わりにローンを払ったので一括返済か家を競売にかけるか、という最終的な警告を示してきます。

競売はかなり安い価格で落札されることがほとんどで、あなたの手元には一円も入らないどころか、借金だけが残ってしまうことになりえます。首が回らずとも放置したりせず、まずは弁護士無料相談などを利用してみましょう。

残碩のことはローンを契約する前から考える

せっかくローンを組んでまで購入した高価な品物も、時には使用している途中で売りに出さなければならない状況に陥ることもあります。

そこで、多くの方が問題になることはローンの残碩です。この問題は、それまでその方がどのくらい支払いを終えられているのかにもよります。多くの支払いを終えられていれば、確実にその後の負担も軽くなります。従って、商品を購入する前の段階からできるだけこのようなケースもあり得るということを認識しておくことが大切です。

支払いがスムーズにできるようにするため、自分でできることから始められるように計画をします。

ローンの頭金援助に贈与税はかからない

但馬地方の豊岡にある銀行で住宅ローン申し込みの際、事前審査が通ったのち本審査において必要書類として頭金の証明が必要となります。不動産会社の方いわく頭金が親からの援助の方は非常に多いようで、その場合親の残高のコピーで証明として認定されます。

懸念されることとして、親からの援助金は高額であるため贈与税の心配がありますが、他の贈与資金ない限り確定申告にて住宅資金用の援助では贈与税はかかりません。事前審査で通っている時点で特別な事情が無い限りそのことが原因でローンが落ちることはありません。担当者にもよりますが但馬地方の豊岡にある銀行に限らず本審査は約2週間程度でまとまることが多いです。

ローンについての関連記事

ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。