不動産担保としたリフォームローンとは

リフォームローンを行う場合には、不動産担保を設定すると良いでしょう。所有している不動産を担保とするわけですからリスクがあまりありません。

リフォームをするには、数百万円程度の費用が必要となります。ですから、但馬エリアの豊岡市にある銀行のリフォームローンを活用するべきなのです。

担当者に問い合わせでは、不明な点を丁寧に説明してくれます。最も気にしなければならない事は、現在のリフォームローンの金利です。どのくらいの利息になるのかを把握してください。ホームページにも詳しい説明が書かれているので参考にしてください。

高額のリフォームには有担保リフォームローンがおすすめ

リフォームをする際に、手持ちの資金でするか、リフォームローンを組んで借金してするか、という悩みがあります。

リフォームローンにすると、手持ち資金は手元に残せますし、ワンランク上のリフォームをすることができます。

リフォームローンには、無担保型と有担保型があります。有担保というのは、リフォームする対象の建物やその土地に抵当権を設定してローンを組むことです。無担保よりも高額、多くの場合1000万円以上、の融資を受けてリフォームすることができます。また、金利についても、無担保型より2%くらい少なくなっています。

リフォームローンも前金も中間金の為に繋ぎ融資が必要

リフォームは、工事費用の総額にも依りますが30%〜50%前金として工事業者に支払う必要があり、総額が高額の場合には住宅建築と同様に中間金として30%程度支払う必要があります。

しかし、リフォームローンは原則として完成後に一括で融資実行されるので、前金や中間金は別途用意する必要が出て来ます。

その為、一般的にリフォームローンを担保に繋ぎ融資を用いて施工業者へ支払いをします。施主は、繋ぎ融資とは言え融資なので借り入れに対しての利息を支払う必要があり、繋ぎ融資額が高額な程利息も多額になるので契約時に極力完成後の支払いに比重を置くようにすべきでしょう。

リフォームローンについての関連記事

リフォームローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。