学校等の教育ローンの仕組み

学校等の進学費用として活用できる教育ローンの契約プランについては、実績のある金融機関のホームページなどでしばしば紹介が行われることがありますが、早いうちから便利な情報をキャッチすることが有効です。

また、貸付金利の低い教育ローンの利用方法を理解することによって、多忙な毎日を送っている人であっても、すぐに契約先を見つけることが可能となります。

その他、教育ローンの融資の限度額を把握することはもちろん、無料相談のチャンスを活用することによって、たとえ初心者であっても短期間のうちに役立つ知識を得ることができます。

専門学校でも教育ローンは利用できる

教育ローンは、高校や大学以外に、専門学校に通うためでも利用することができます。

申し込むなら、豊岡に支店のある政府金融機関の日本政策金融公庫がとり扱っている、国の教育ローンがお勧めです。インターネットから申し込むこともできます。オンラインで24時間、申し込みを受け付けています。審査結果は10日前後で出ます。その後は、郵送のやり取りで契約することも可能です。

審査結果が出た後は、10日前後で入金されます。入学時に利用することもできますし、在学中に必要になった時に新たに教育ローンを申し込むこともできます。金利は低く抑えられています。

公的と民間の教育ローンの貸与額の違い

教育ローンには公的ローンと民間ローンがあります。

公的ローンである国の教育ローンは、日本政策金融公庫の融資制度で、対象が中学卒業以上、固定金利で民間よりも金利が低く、貸与額350万円を限度に貸与してもらえます。返済期間は15年以内で、期間には含まれませんが在学中は元金据え置きの利息のみ返済が可能です。

所得制限があり、子供1人世帯は世帯年収790万円まで、子供2人世帯では年収890万円までなど子供の人数による制限があります。民間教育ローンは銀行や信販会社などが扱うローンで、所得制限がなく幼稚園の費用に使えるなど公的ローンよりも使用範囲が幅広くなっています。

貸与額は、銀行が300~500万円、信用金庫や信用組合が500万円以内が相場で公的ローンに比べて多く貸してもえらます。

教育ローンについての関連記事

教育ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。