共働き夫婦に人気のローンであるペアローン

ひとつのローンの契約を二人で個別に行うペアローンが最近話題になっています。

ペアローンは、借り入れの額が多くなる長所があり、共働き夫婦が多い昨今では、利用者が増えています。その分、ローン返済額も増えることにもなるので、現在と将来の経済状態を把握し、ある程度予測しておくことも重要となります。

注意点としては、夫婦の場合でも贈与税が絡む点です。ローンを組んだ時点で、お互い仕事をしており、そのあと一人が家事などに専念することになった場合に、片方が変わりに返済してしまうと贈与税が発生します。住宅は大きな買い物なので、組み方も含めお互いしっかり話し合われることが大切です。

サラリーマンよりも自営業はローンは大変

サラリーマンに比べて自営業者の場合、収入がかなり多いケースでも住宅ローンの審査に通りにくいことがあります。

豊岡市の戸建て住宅は比較的、一般的な収入の家庭でも購入しやすい価格のものが多いので、自営業者でも住宅ローンを組みやすいでしょう。無理な返済額を設定してしまうと、毎月の生活費が苦しくなってしまいますが、あまり長期間の分割としてしまうと利息の支払い額が大きくなりすぎてしまうので、購入する物件価格をあまり高くしないほうが良いでしょう。

中古物件なども含めて検討を進めていくと、無理のない販売価格の良い物件を見つけることができるでしょう。

前科があってもローンは組めるのか

ローンを提供している金融機関に申し込みを行った場合の審査では申込書に書かれいる情報と個人信用情報機関への問い合わせを行いそれらのデータを統合的に判断し審査を行います。

個人信用情報機関には過去にローンやクレジットカードの支払いが延滞したことがあるか、債務整理をしたことがあるか等の事柄が記録されており犯罪歴が記録されることはないので前科があってもローンを組むことができます。そのため自分から前科者であることを明かす必要もありません。

自分から明かしてしまうことによって通る審査に通らなくなってしまう可能性もあります。

ローンについての関連記事

ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。