リフォームローンの契約書の内容について

リフォームローンの契約書の内容は、それぞれのプランの選び方によって、大きな違いが出ることがありますが、担当のスタッフとよく相談をしながら、対策を立てることがおすすめです。

特に、ニーズの高いリフォームローンの利用方法に関しては、定期的にネット上で話題となることが増えてきており、少しでも知りたいことがあれば、経験者の意見をしっかりと聞き入れることが良いでしょう。

また、人気のあるリフォームローンの契約書の記載事項について知りたいことがある場合には、大手の銀行の相談窓口を利用することで、すぐに問題を解決することができます。

複数の銀行のリフォームローンについて

リフォームローンの契約時には、複数の銀行の最新の取り組みを入念にチェックすることによって、安心して契約先のメリットを見定めることが可能となります。

最近では、シミュレーションの対応が優れている銀行の選び方について興味を持っている人が増えてきていますが、将来的に家計の負担を最小限に抑えるために、実際にリフォームローンを利用している人から直にアドバイスを受けることがコツとして挙げられます。

その他、良心的な銀行のサポートをフル活用しつつ、既にリフォームローンの契約をしたことがある人のレビューに目を向けることで、いつでも落ち着いて行動をすることができます。

リフォームローンの登録免許税の減免申請に必要な家屋証明

リフォームローンは、居住している市町村の建築課や市民税課、資産税課などに増築登記の完了した登記事項証明書と金銭消費貸借契約書もしくは抵当権設定契約書の写しを提出することで発行して貰える住宅用家屋証明を提出する事で租税特別措置法第75条により、リフォームローンの抵当権の設定登記に係る登録免許税の減免措置を受ける事が出来ます。

減免措置は、平成29年3月31日までは抵当権設定金額の0.4%から0.1%と4分の1になります。住宅用家屋証明は、本人及び弁護士や司法書士、建築士の資格を有する者が代理人として取得が可能です。

リフォームローンについての関連記事

リフォームローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。