教育ローンと奨学金の違いとは

教育ローンと奨学金は似ているようで、まったく異なるものです。

教育ローンは保護者が借りて、保護者が返すもので、奨学金は学生が借りて返すものです。教育ローンは申し込んでから入金されるまでの期間が短いので、まとまった金額が必要とされる入学時期などに利用しやすくなっています。

豊岡に支店のある政府金融機関の日本政策金融公庫が扱っている国のローンは、税金で運営されているので、金利が民間金融機関よりもかなり低く設定されています。世帯年収が200万円以下であれば、さらに金利の優遇があります。まずはここから教育ローンを申し込んでみるのがお勧めです。

銀行の教育ローンよりおすすめなのは

銀行でも教育ローンは申し込めますが、もっとお勧めなのが、豊岡に支店のある日本政策金融公庫が扱っている、国の教育ローンです。金利が圧倒的に低いからです。

税金で運営されている政府金融機関であるため、借りるのに年収の上限はあります。しかし、子どもが一人なら収入790万円までの世帯で利用できるわけですから、条件は厳しくありません。世帯年収が200万円以下であれば、優遇制度もあります。

政府金融機関というと、独立行政法人が扱っている奨学金が想起されますが、まったく別個のものです。奨学金を受けていても、国の教育ローンは借りられます。

教育ローンのシミュレーションの内容について

教育ローンのシミュレーションの内容がしっかりと整っている金融機関は、ここ数年のうちに徐々に増えてきています。

とりわけ、需要の高い教育ローンの仕組みについて迷っていることがある場合には、短期間のうちに契約先のシステムの良しあしを見極めることが良いでしょう。

また、シミュレーションの利用価値の高さに関しては、一般の消費者にとって、早期に判断をすることが難しいといわれています。そこで、定期的に教育ローンの貸付金利やアフターサービスの内容に目を向けることで、将来的なトラブルを回避することが可能となります。

教育ローンについての関連記事

教育ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。