住宅ローンの必要書類の種類とは

住宅ローンの契約のために準備をしなければならない必要書類の種類は、それぞれの契約先の基準によって、わずかな違いが見受けられます。

そこで、事前に住宅ローンの契約先の担当者と話し合いをすることで、不備の内容に手続きを進めることが大事です。現在のところ、必要書類の数が少ない金融機関の魅力について、大手の住宅情報誌などで話題となることが増えてきており、早いうちから貸付金利や返済期間の特徴を理解することが良いでしょう。

その他、夫婦間で話し合いながら、住宅ローンの利用をするタイミングを見逃さないことがとても大切です。

住宅ローンによって特別控除を受けられます

住宅を取得する際に住宅ローンを組んでいると、所得税の特別控除を受けることができます。

このためには、まず申請をしなくてはなりませんが、この申請は住宅ローンを借り入れる者が個人単位で申請します。世帯単位ではありません。

毎年末の住宅ローンの残高と、住宅の現在価値を比較し、少ない方の1%を10年間所得税から控除されることとなります。もし、所得税で対応しきれない場合には、住民税も対象となります。住宅取得して1年目は、個人で税務署へ行き、確定申告をしなくてはなりませんが、2年目以降は勤めている会社で年末調整と一緒に処理をすることができます。

住宅ローンを組んだら確定申告をしましょう

住宅ローンを組んだ場合には、最初に書類を渡されることがあります。その書類は残しておいて、確定申告の時に利用するためのものです。

住宅ローンのメリットとして、支払いをしている間の税金が優遇される措置があります。この措置は自分で確定申告を行うことで、利用することができるのです。一括払いに比べて税金が安くなることもあり、多くの人が利用している制度でもあります。

ローンを組む時にはこの制度を知っておくことで、大幅な減税になりますので覚えておきましょう。もちろん不動産会社などもきちんと教えてくれますので安心です。

住宅ローンについての関連記事

住宅ローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。