マイカーローンの審査の基準はどうなっているか

マイカーローンの審査の基準として、一般的なローンを組むときと同様に過去に返済の遅延などのトラブルを起こし、その記録が個人信用情報機関に残っている状態では利用できません。

また、マイカーローンでは収入と借り入れ額のバランスも重要であり、収入に釣り合わない高額の車を購入しようとしても審査に通らなくなります。年収に対して30~40%までが審査に通る目安になります。それ以外にも他社からの借り入れが多ければ返済能力が低くなり、勤続年数が短くても収入が安定していると見られなくなるので不利になります。

マイカーローンでの細かい基準は各社で異なるので、一度落ちても他社に申し込めば通ることもあります。ただし、頻繁に申し込むと、他社に落ちた記録が残っており、それが原因で落ちてしまうので注意します。

マイカーローンの提出書類は審査が厳しいほど多いです

マイカーローンの提出書類を紹介します。まず本人確認書類として運転免許証やパスポートが必要です。また現住所の確認できる住民票が必要です。さらに所得に関する証明書が必要です。

具体的には所得証明書、源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書などです。あとは自動車の購入を証明できる書類として、注文書や見積もり書などが必要です。

マイカーローンの提出書類は、審査が厳しい銀行では上記ほとんどの書類の提出が必要ですが、信販会社ではそれほど書類を準備する必要のないケースも多いです。つまり金利が低いほど、より慎重に審査が行われるというわけです。

マイカーローンに落ちたら銀行のフリーローンを利用しよう

例えば30万円の中古バイクを購入する時、一括で支払えなければ銀行のマイカーローンやバイク屋のバイクローンを利用することになります。しかしマイカーローンやバイクローンは意外と審査が厳しく、審査に通らないケースもあります。そんな時は消費者金融や銀行カードローンのフリーローンが便利です。マイカーローンやバイクローンは金利が一桁台と低金利が魅力ですが、審査に通らなければ意味がありません。銀行カードローンなら、金利が15%以内と消費者金融に比べると低金利です。さらに最近銀行カードローンは、即日融資も可能と利便性も向上しておりオススメです。

マイカーローンについての関連記事

マイカーローンの選び方の参考にしたい情報をご紹介いたします。